『死霊館シリーズ』全作品の内容と関連性の研究レポート

2021年5月13日

『死霊館シリーズ』全作品の内容と関連性の研究レポート
Aoringo

こんにちは!にわかホラー研究員aoringo(@horror_apt)です。
今回は私の大好きな『死霊館シリーズ』について研究しました。

スピンオフも含めるとけっこう複雑な関係性があったわね

研究員・ゾビ子

『死霊館シリーズ』とは?

『死霊館シリーズ』とは、超常現象研究科のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻が遭遇した実際の事件を題材にした作品のシリーズです。

2013年に脚本家のチャド・ヘイズケイリー・W・ヘイズが創始し、年月を経てジェームズ・ワンを監督に迎えて2013年に第一作目『死霊館』が公開され、現在まで続いている大人気ホラーシリーズです。

『死霊館シリーズ』のはじめの構想

本シリーズ誕生のきっかけとなったのは、『死霊館』のプロデューサーを務めたトニー・デローザ=グランドが、ロレイン・ウォーレンのインタビュー音声を夫のエドから聞かせてもらったことでした。それは『死霊館』公開の20年以上も前のことでした。デローザ=グランドはその音声と視聴後の議論を録音していたのだそうです。しばらくして、デローザ=グランドは死霊館というタイトルのプロジェクトを立ち上げたそうですが、その後14年間、映画化の目途をつけることができなかったようです。

その後、ピーター・サフランと組むことになったデローザ=グランドは、チャド・ヘイズとケイリー・W・ヘイズに脚本の執筆を依頼しました。2人はロレイン・ウォーレンに何回も電話取材を行い、詳細に至るまで正確に描写することに努めたのだそうです。

『死霊館シリーズ』の作品タイトル一覧

シリーズは、ウォーレン夫妻のかかわった実際の事件を題材にした、”死霊館”が冠タイトルにつく本筋のシリーズと、アナベル人形をメイン題材としたアナベルシリーズ、悪魔のシスターをメイン題材にしたシスターシリーズ、その他のスピンオフ作品から成り立っています。

死霊館 メインシリーズ

死霊館ユニバースの本筋である作品たち。ウォーレン夫妻が遭遇した実際の事件を題材にしています。

『死霊館』(2013)

ジェームズ・ワンを監督に迎えて製作。1971年にロードアイランド州ハリスヴィルでウォーレン夫妻が遭遇した事件を題材とした作品。ホラー映画でありながら最後のシーンでは感動の涙を流した人も少なくないらしい(わたしもその一人w)、”悪魔とは何か?”を問いかけられるような深い作品だと思いました。わたしの中でしばらく停滞してたホラー映画熱を再び盛り上げてくれた作品でもあります。

この作品のレビューを読む
死霊館
超コワイのになぜか涙が…人気シリーズ第一作目「死霊館」-The Conjuring(2013)

あらすじ 1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の ...

続きを見る

『死霊館 エンフィールド事件』(2016)

1977年にイギリスで実際に起こった「エンフィールドのポルターガイスト」が題材となっている。全世界での興行収入は3億2000万ドルを超え、ホラー映画としては『エクソシスト』に次ぐヒット作となりました。悪魔のシスターも登場します。

この作品のレビューを読む
子供と一緒に見られるグロ要素なし「死霊館 エンフィールド事件」-The Conjuring 2(2016)

死霊館シリーズ第2弾!今回も実話がもとになっています ココがおすすめイギリスで起こった有名すぎる実話がもとになった本作。例の悪魔のシスターが ...

続きを見る

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021)

1981年にアメリカで実際にあった「アルネ・シャイアン・ジョンソンの裁判」事件が題材となっている。初めてジェームズ・ワンが製作に回り、メガホンをマイケル・チャベスに譲りました。

この作品のレビューを読む
死霊館 悪魔のせいなら、無罪。
悪魔の存在を証明する実際の裁判が題材「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」-The Conjuring: The Devil Made Me Do It(2021)

この投稿をInstagramで見る あらすじ 1980年、ウォーレン夫妻はグラツェル家の依頼を受け、11歳のデヴィッド・グラツェルを調査する ...

続きを見る

アナベルシリーズ

ウォーレン夫妻が所有する「呪いのアイテム」が貯蔵されている博物館にいるアナベル人形をテーマにした作品たち。実際のアナベル人形はもっとかわいらしいぬいぐるみですが、映画では恐ろしいドールとして描かれています。

『アナベル 死霊館の人形』(2014)

本シリーズでは大人気マスコットの恐怖の人形アナベルちゃんが主役のシリーズ第1作目。アナベル人形を所有することになったフォーム家を中心に描かれており、次回作へつながっています。

この作品のレビューを読む
人気シリーズのスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」-Annabelle(2014)

あらすじ ジョンは妻ミアのため、貴重なアンティーク人形《アナベル》を用意し、プレゼントする。だが喜びも束の間、ミアたちの幸福は一瞬にて惨劇へ ...

続きを見る

『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)

アナベル人形の製作者であるムリンス夫妻に焦点を当て、なぜアナベル人形が悪しき力を持つようになったのかが描かれています。

この作品のレビューを読む
アナベル 死霊人形の誕生
封印が解かれる誕生の秘密「アナベル 死霊人形の誕生」-Annabelle: Creation(2017)

あらすじ 舞台は、12年前に幼い愛娘を亡くす悲劇に見舞われた人形師とその妻が暮らす館。そこへやって来た孤児院の6人の少女たちとシスター。新生 ...

続きを見る

『アナベル 死霊博物館』(2019)

アナベル人形が、ウォーレン夫妻の博物館に収蔵されてからの出来事を描いています。

この作品のレビューを読む
アナベル 死霊博物館
椅子にジッとなんてしてられない♡「アナベル 死霊博物館」-Annabelle Comes Home(2019)

あらすじ ある日、ひと晩外出するウォーレン夫妻に代わり留守番をしていた娘のジュディと、ジュディの面倒を見るためやって来たメアリーとそのクラス ...

続きを見る

シスターシリーズ

『死霊館 エンフィールド事件』に登場した悪魔のシスター、ヴァラクに焦点を当てたスピンオフシリーズ。現在は1作のみですが、続編が撮影中とのことです。

『死霊館のシスター』(2018)

タイッサ・ファーミガが主演を務め、舞台は1952年設定。撮影はドラキュラの故郷として知られるルーマニアの古城で撮影されているゴシックな雰囲気の作品。

この作品のレビューを読む
死霊館のシスター
悪魔のシスターヴァラクが堪能できる「死霊館のシスター」-The Nun(2018)

死霊館シリーズ第5作目! ココがおすすめ『死霊館 エンフィールド事件』に登場した悪魔のシスターのルーツに迫るスピンオフ作品。シリーズの原点に ...

続きを見る

『死霊館のシスター』第2作(公開年未定)

2019年4月10日、『死霊館のシスター』の続編が製作されていると報じられました。楽しみですね~

その他のスピンオフ作品

『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』(2019)

『アナベル 死霊館の人形』に登場したペレス神父が再登場しており、後に本作が死霊館シリーズに属する作品であることが明かされました。私はこの映画ふつうに鑑賞して、あとからこのシリーズに関係してることを知って驚き!神父さん、気づかなくてごめんね~( ;∀;)

この作品のレビューを読む
不穏なのに、愛おしい…スリラー『LAMB/ラム』本編映像到着!

羊から産まれた“羊ではない何か”…『LAMB/ラム』が9月23日よりいよいよ公開。本編映像が解禁です(^^)/ ネイチャースリラーという新た ...

続きを見る

『The Crooked Man』(公開日未定)

ピーター・サフランが『死霊館 エンフィールド事件』に出てきたへそ曲がり男を主人公とした映画を製作する可能性について言及しました。

『死霊館シリーズ』どの順番で観ればいい?

本シリーズは、公開された順番と時系列は一致していません。どの順番に見ればいいのでしょうか?

Aoringo

シリーズものの場合、わたしは公開日順に観ると決めてます。

公開日順で伏線を回収して楽しみながら、2回目は時系列順に観て理解を深めるのをおすすめします♪

公開日順に観る

  1. 死霊館』(2013)
  2. アナベル 死霊館の人形』(2014)
  3. 死霊館 エンフィールド事件』(2016)
  4. アナベル 死霊人形の誕生』(2017)
  5. 死霊館のシスター』(2018)
  6. ラ・ヨローナ~泣く女~』(2019)
  7. アナベル 死霊博物館』(2019)
  8. 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021)

時系列順に観る

ざっくり物語の時系列順に観るならこうなります。

  1. 死霊館のシスター
  2. アナベル 死霊館の人形
  3. アナベル 死霊人形の誕生
  4. 死霊館
  5. ラ・ヨローナ~泣く女~
  6. アナベル 死霊博物館
  7. 死霊館 エンフィールド事件
  8. 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

シリーズ全体の時系列を詳しく!

詳細な時系列はもっと複雑です。

暗黒時代

ルーマニアの聖カルタ修道院でオカルトに興味を持った公爵が悪魔を召喚した。その結果ヴァラクが召喚される。しかしヴァチカンの使者により儀式は途中で失敗に終わり、キリストの血で地獄の扉を封印し、ヴァラクの封じ込めに成功する。

関連作品

  • 死霊館のシスター

暗黒時代とは?
「暗黒時代」の呼称は中世前期(5世紀から10世紀頃)を指すようだが現代では否定的な意見もあり正確な時代は示されていない)

暗黒時代2

大戦中に、修道院が空爆され、再び扉が開きヴァラクが復活する。

関連作品

  • 死霊館のシスター

1673年

メキシコ。ヨローナは愛する夫に浮気され、嫉妬に狂った結果、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させ自らも川に身を投げた。その後、ヨローナは白いドレス姿の悪霊となってこの世をさまよって水のあるところに現れ、自分の泣き声を聞いた子どもたちをさらっていく怨霊となる。

関連作品

  • ラ・ヨローナ~泣く女~

1863年

ペロン家が奇妙な出来事に襲われる家をかつてジェドソン・シャーマンが建てた年。彼の妻バスシーバは生後七か月の子供を生贄にしようとしたところを夫に見つかり、「この土地を奪う者は呪ってやる!」と叫んで首つり自殺を遂げた。実は、バスシーバは魔女であり、その上悪名高い「セイラムの魔女裁判」で公判中に死亡した「メアリー・タウン・イースティ」の親戚であった。

関連作品

  • 死霊館

1930年未明

ペロン家の家に当時住んでいたウォーカー夫人の一人息子ローリーが森で謎の失踪。ローリーの失踪後、ウォーカー夫人は地下室で自殺

関連作品

  • 死霊館

1945年

人形職人のサミュエル(アナベル人形の生みの親)とその妻エスターは交通事故で娘のビーを亡くしてしまう

関連作品

  • アナベル 死霊人形の誕生

1952年

修道院で修道女たちが謎の死を遂げる。その後バーク神父とアイリーンが修道院を訪れることになる。

関連作品

  • 死霊館のシスター

1957年

サミュエル夫妻が自宅にシスターのシャーロットと孤児の少女たちを受け入れる。

関連作品

  • アナベル 死霊人形の誕生

1970年

ジョンはドール収集が好きな妻ミアが欲しがっていたアンティークドール”アナベル人形”をプレゼントした。その後、アナベル(ジャニス)に襲われる。

関連作品

  • アナベル 死霊館の人形

1971年

ペロン家にて怪奇現象が起こり、ウォーレン夫妻が調査に乗り出す。

関連作品

  • 死霊館

1971年未明

男性につき添われて黒髪の女性デビーと同居する金髪の女性が、ウォーレン夫妻の元に「アナベル事件」について恐怖の体験を訴えに来る。その後、彼女らがアナベル人形をいったんは引き取るが、怖くなった二人はアナベル人形を夫妻に託し、博物館にて収蔵することとなった。(作品の中で具体的な年代について言及されていない)

関連作品

  • アナベル 死霊博物館

1973年

ロサンゼルスで、ソーシャルワーカーのアンナの周りで奇妙な出来事が起こる。

関連作品

  • ラ・ヨローナ~泣く女~

1977年

イギリス・ロンドンのエンフィールドで史上最長期間続いたポルターガイスト現象として知られる「エンフィールド事件」起こる。

関連作品

  • 死霊館 エンフィールド事件

1980年

ウォーレン夫妻がグラツェル家の依頼を受け、11歳のデヴィッド・グラツェルを調査することになったのが1980年である。

関連作品

  • 死霊館 悪魔のせいなら、無罪
Aoringo

私が調べた時系列です。参考になれば幸いです。

死霊館ユニバースをもっと知りたい!~What's 死霊館ユニバース編~

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の撮影開始前に、実際のエクソシストがキャストとスタッフをお祓いする様子、そしてこれまでの作品が実際の事件からどのようにインスピレーションを受け影響しているか説明されている映像です。前は英語版しかなかったけど日本語字幕付きが公開後にあがってたので差し替えました。

以上、『死霊館シリーズ』まとめでした。
まだまだ公開予定の作品もあるシリーズなので随時更新していくのと、ジェームズ・ワン監督作品についても今見直してまとめ記事執筆なうです。

参考文献

created by Rinker
ホラー映画は死なない!21世紀に入っても、名作ホラーのリメイクからオカルト、ワン・アイデアでもゾッとさせる傑作は生まれ続けている!時代が変わり、派手なブームは去っても、たえず進化し続けるホラー映画の現在をまとめる画期的一冊!
  • この記事を書いた人

アオリンゴ

会社員|大阪在住|映画鑑賞と読書が趣味で、とくに大好きなホラー映画を掘り下げたい「にわか研究員」です。まだまだ観たことのない作品も多く更新はノンビリです。

-作品リスト, オカルトホラー
-, , ,