このブログについて

Aoringo
初めまして!にわかホラー研究員aoringo(@horror_apt)です。

インターネットの僻地、当ブログへようこそー!
さらにこのページまでご覧いただきありがとうございます!当ブログは、映画好きなaoringoが、とくに大好きなホラー映画を中心に、ホラージャンルについてレビュー&考察、まとめるために運営しています。

  • ホラー映画(メイン)
  • ホラーコミック
  • ホラー小説 など

いろいろ好きなものまとめられたらうれしいな。

ブログについて

にわかホラー愛好家だけに、まだ観たことのない作品も多いです。が、掲載している情報などは可能な限り正確なことだけをお伝えできるように努めています。なお、映画レビューについては個人的な見解や好みも大いに含まれますのでご了承ください。それから、レビューはできるだけネタバレには気を付けているつもりです…が、もしやらかしてたらほんとにスミマセン。

映画のレビューについて

毎月50本前後の映画を観てますが、ブログは執筆に時間がかかるので少しずつしか更新できません。日々の記録はFilmarks、またはaukana(レビューサービスはスマホアプリのみ)で、またはTwitterでやっています。良かったらフォローお待ちしてます!

かんたんなレビューや記録は、以上のサービスでとても満足してるので、ブログではさらに好きな作品を掘り下げたり、シリーズものをまとめたりなどなど自由に運営していきたいと思ってます。ホラー好きな人にはもちろん、そうでない人にとってホラー映画が好きになるきっかけになれたら嬉しいです。

ホラーのジャンルについて

ホラー映画のサブジャンルは、分かりやすいものならいいのですが、新しめの作品だと様々な要素を含むものもめずらしくなく、正直わたしの浅知恵ではどのジャンルに該当するのか?分からない場合もあります…^^; が、記事をカテゴリー分けせねばならないのでいずれかのジャンルに振り分けるのですが、あくまで私の個人的見解なのでもしかすると一般的、または製作者の意図と異なる場合があるかもしれません。ご了承ください。

Aoringo
ジャンル分けまじでむずいときある。

記事中に使用する画像などについて

使用する画像は著作権侵害にあたらないように配慮するように(いちおう)しており、フリー素材、またはしかるべき使用条件を満たしたうえで使用。また、作品については国内外で販売されているDVDパッケージ/表紙のみを使用するように心がけてます。俳優さんなど紹介したいときはSNS埋め込みで対応するようにしてます。

当ブログの画像利用などについてご意見ございましたらTwitterのDMを解放しておりますのでそちらよりご一報いただきますようよろしくお願い致します。

マイベストホラー

ホラー映画10選(2021.5)

  1. 悪魔のいけにえ(1974)
  2. 死霊館(2013)
  3. インシディアス(2010)
  4. スウィートホーム(1898)
  5. ヴィジット(2015)
  6. 死霊のはらわた(1981)
  7. ソウ(2004)
  8. 黒い家(1999)
  9. ムカデ人間2(2011)
  10. ミッドサマー(2019)

10選はよく入れ替わります(*'ω'*)

ホラー漫画10選(2021.5)

  1. 神の左手、悪魔の右手(楳図かずお)
  2. サーカスワンダー(楠圭)
  3. うしろの百太郎(つのだじろう)
  4. 恐怖新聞(つのだじろう)
  5. アイアムアヒーロー(花沢健吾)
  6. 海の闇、月の影(篠原千絵)
  7. 不思議のたたりちゃん(犬木加奈子)
  8. 座敷女(望月峯太郎)
  9. 惨劇館(御茶漬海苔)
  10. 墓場鬼太郎(水木しげる)

最近読めてないので古いものが多いですねw

ホラー/ミステリー小説8選(2021.5)

  1. 姉飼(遠藤 徹)
  2. ぼっけえ、きょうてえ(岩井 志麻子)
  3. 黒い家(貴志 祐介)
  4. 夜市(恒川 光太郎)
  5. 陰摩羅鬼の瑕(京極夏彦)
  6. 鉄鼠の檻(京極夏彦)
  7. 暗黒館の殺人(綾辻行人)
  8. 人間に向いてない(黒澤いづみ)

こちらもアプデできてません…

これで映画観てます

子どももいて仕事もしてる身でもあり、経済的/時間的になかなか映画館で映画を観ることが難しい…ので、専ら「おうち映画派」です。

①動画配信サービス

キホンのネトフリ、アマプラに、映画好きの為に作られたという新しい動画配信サービスWACTHA。けっこうマイナーな作品も多くてまだまだこれから期待したいサービス。期間限定で他のサービスもいろいろ試してみたいところ。

  1. Netflix
  2. Amazon Prime Video
  3. WACTHA

②BS/CS放送

衛星放送はとりあえず録画しまくって、事前情報なしで鑑賞するのが楽しい!普段なら自分では選ばない雰囲気の映画でおもしろい作品に出会えたときは得した気分に♡

  1. WOWOW
  2. ザ・シネマ 
  3. ムービープラス
  4. スターチャンネル1
  5. スターチャンネル2
  6. スターチャンネル3
  7. NHK BSシネマ
  8. 日本映画専門チャンネル 
  9. 映画・チャンネルNECO

③レンタル/宅配レンタル

GEO派(近いから)、宅配もGEO派~

 

ホラーと私

なんで私がホラー好きになったのか回顧('ω')

祖母の影響とたった一度の心霊体験

小さいころから両親が共働きだった我が家は、夏休みなど長期休暇になると和歌山の奥に住む祖父母の家に預けられていました。そのときに、田舎の環境、霊感のあった祖母、そしてその家でたった一度だけ体験した奇妙な出来事が私の原体験となってます。

初めての漫画は楳図かずお

両親が共働きだったので小1のとき放課後は施設に通ってました。そこに置いてた楳図かずおさんの「神の左手、悪魔の右手」というコミックが人生で初めて読んだ漫画です。そして何の縁か、私の実家の前に住んでるおばさんがまたホラー漫画好きで、遊びに行くと「うしろの百太郎」と「恐怖新聞」のつのだじろうコンボ

ふつうにジャンプもりぼんも読む健全な小学生でもありましたけど、ホラー漫画ばかり掲載されてる「ホラーМ」もよく読んでました。なぜかこっそりと…。

created by Rinker
呪いがかかった錆びたハサミを拾ったことから始まる、想の姉を襲うスプラッター恐怖。「漂流教室」と並んで評価される、ホラー漫画家・楳図かずおの代表作。

地獄の絵本

小学低学年の頃、祖父母の家に置いてあった地獄の絵本にハマりました。恐ろしい鬼たちがどこかコミカルでもあり、悶え苦しむ人間たちの様子が凄惨ながらも皮肉めいていて、ずっと眺めていたのを覚えてます。それから数十年して、新たにリメイクされた地獄の絵本は当然、自分の娘にも買い与えましたw

created by Rinker
悪いことをしたら地獄に落ちる──その真意は命を粗末にするなとのメッセージ。千葉・旧安房郡延命寺秘蔵地獄絵巻をもとに、死ぬことの怖さ、命の大切さを子供たちに培うロングセラー絵本。
怪談話

私が小学生の頃というと、「口裂け女」ではなく「人面犬」が流行ってました。口裂け女ほどメジャーではないですが、当時はけっこう話題になってた(はず)です。人面犬特集の本とかよく買ってもらってたんですけど、使われてる挿絵が可愛い犬の姿に、顔だけだいたいおじさんなんですよね。めっちゃ気持ち悪いし。そして口も悪い。

Wikiによると、人面犬は1989年から1990年にかけて、主に小中学生の間でマスメディアを介して広まったそうなのでまさにタイムリー小学生だったわたし。同時に学校の怪談、そして昔の怪談話(お菊さんの出てくる皿屋敷とか)にもハマり、本をむさぼってました。小学生みんな好きですよね?怪談話。でもなぜか、友人とはこういう話はできずに、ホラーやミステリー系のものと向き合う時はいつもこっそりでした。(陰キャかよ)

映画好きは父の影響

父の時代で娯楽といえば”映画”と”ボーリング”くらいだったらしいので(本人談)、私の世代の方はご両親の影響受けてる人多いかもしれませんね?こないだホラー映画雑誌を実家に持っていったら、古いものはほぼ全タイトル観たことがあるって言っててホラー映画談義に花が咲いたところです。

そんな父の影響を受けて私の記憶で初めて観た映画もまたホラー(?)映画「幽玄導士」でした。…今見ると完全にコメディだけど当時のわたしにはキョンシーがめちゃくちゃ怖かったんです…。後にテンテン可愛さに何度も観ることになる幽玄道士シリーズですが…当時は父の肩越しに引っ付いて「なんでこんな怖いの観るねん~!」と思ったものでした。今では私の後ろに引っ付いてる小学生の次女が同じセリフを言ってるので面白いですw

しばらくのホラー離れ、からの妖怪ハマり

それから大人になってしばらくホラー映画も苦手だし、とくにホラーとは縁もなく過ごしてたのですが、23歳のときに京極夏彦先生の小説にドはまりしました。京極夏彦さんの小説「京極堂シリーズ」では、ひとつの作品につきある妖怪がフューチャーされていて、作中で主人公・京極堂がその妖怪について蘊蓄を語るんです。そこからまさに憑かれたかの如く妖怪沼に落ちていきました。

妖怪って、日本古来の八百万の神の思想と人間の日常生活や自然界の摂理にも深く根ざしていて、モンスターや幽霊などとは違う”概念”に近い考え方で、社会学や民俗学的な側面も強く、すごく深いです。そうした複雑な概念をうまく具現化したのが、古くは鳥山石燕など歴史上の絵師であり、近代では水木しげる大先生にほかなりません。

created by Rinker
京極夏彦デビュー作。安倍晴明の流れを汲む陰陽師にして拝み屋であり、古本屋を営む中善寺秋彦(京極堂)が活躍するシリーズ第一作目。 関口は最近耳にした久遠寺家にまつわる奇怪な噂について、京極堂ならば或いは真相を解き明かすことができるのではないかと考えていた。関口は「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うか」と切り出す。京極堂は驚く様子もなく、「この世には不思議なことなど何もないのだよ」と返す。全ての「憑き物」を落とすため、「拝み屋」京極堂が発つ。

ちなみに京極堂シリーズは「魍魎の匣」が実写映画化されたりコミック化されたりしてますがダントツで原作を読んでほしいです('ω')1000倍おもろいです…

死霊館でホラー映画熱に火が付く

そっからしばらく、仕事が激務だったので映画を観る時間すらない数年間が続きました…

そして、2016年のとある日。
ジェームズ・ワン監督『死霊館』をたまたま動画配信サービスで観ることに。

なんだろう、この謎の感動…とヒロユキばりのセリフを発するおいら。「怖いのに泣いてる」初めての不思議な感覚。そこからズブズブと、あとはこのブログを開設するに至りますw

まとめ

以上、このブログと管理人についてでした。
怖いものってなんで惹かれるんでしょうね。怖いのは三日坊主の私がこのブログをどこまで続けることができるか、です。飽きないようにがんばります。

ブログ名 aoringoホラー研究所
運営者 aoringo(@horror_apt
URL https://horror-lab.club/
環境 WordPress/使用テーマ:Wing

長くなりましたが最後まで読んでくださった方がもしいらっしゃいましたら、ありがとうございます!
あなた変わってますね?
愛してます♡

Aoringo
ともによきホラーライフを過ごしましょう~~~~('ω')ノ

最近の投稿

© 2021 Aoringoホラー映画研究所