中南米の古い怨霊を人気シリーズが手掛けた「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」-The Curse of La Llorona(2019)

ラ・ヨローナ~泣く女~
上映日:2019年05月10日製作国:アメリカ

ココがポイント

「死霊館シリーズ」のスピンオフ。『アナベル 死霊館の人形』に登場したペレス神父が再登場しています。ラ・ヨローナは中南米に古くから伝わる怪談だそうです。

こんにちは!aoringo(@horror_apt)です。

さて、実在する心霊研究家のウォーレン夫妻が活躍する「死霊館」シリーズのスピンオフ作品であるこちら。シリーズものとは知らず観て後から共通する登場人物がいることを知りました。でもストーリー的にはとくに連続性などないです。というか、このオバケですけど…

Aoringo
ここから愚痴みたいなレビューになってしまいますので気になる方はそっとUターンしてくださると幸いです…。

夫に浮気されて子供を殺す事自体むかつくし、さらに死んでまで他人の子供を奪おうとする(殺そうとする)身勝手さにもむかつくし、どこまで自己中なやつなんだと思いイライライラ…"(-""-)"

浮気されたのは自分の男を見る目がなかったと自省もするべきだし、子供を親の所有物と勘違いしているか価値観も、子供の人権を無視してて親として終わってる。

さらに恨むのであれば夫の家系で生まれた子供を奪っていくとかならまだ100歩譲って理解できるとしても全く関係のない他人の子供をってのが、単なるサイコパスじゃん。死んでもそんなんって地獄に落ちるだけでも足りないでしょwww

生きてる人間が不遇な生い立ちの後、精神をやられて非道に走る系は同情の余地もあるけど死んでもなお、みたいな身勝手な幽霊の話まじでむかつく。

地縛霊とかもまじでむかつく。
そこで死んだからなに?無念だったからなに?

生きてるほうが大変だよ?
生きるってしんどいよ?

死んだ自分かわいそうwwwの被害者ぶってる幽霊は秒で成仏か地獄に堕ちて消えてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という、いらだちだけが残りました。
あんなとこで人形とりにいくなよ娘も(イライラ)←あたり散らかす。

研究員・ゾビ子
悪霊や悪魔は理不尽なものなのよ
Aoringo
はぁ。スミマセン。どうも同じ母親としてこの手の身勝手な母親の霊にはすごく感情的になってしまいます…

理不尽なオバケ相手に正論ふりかざしてもナンセンスなのか分かってますーーーーーーー。分かってるんですーーーー。ホラー映画なんて理不尽の玉手箱ですもんね('ω')ノ

あらすじ

1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナと彼女の子供たちは、ほどなくしてある女の“泣き声”を聞いてしまう―。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会に助けを求めるが、そこで語られたのは、呪われたすすり泣く女“ヨローナ”の存在だった―。

予告トレーラー

シリアス度
グロ度
コメディ度
怖さ
総評

『ラ・ヨローナ~泣く女~』特別映像

メキシコでは、子供の頃に一度は聞かされるという怪談話なんだそうです。何年も語り継がれる怖い話って解釈も時代や人によって様々あったりして、掘り出すと面白いです。日本ではお岩さんの「四谷怪談」、お菊さんの「皿屋敷」とかなのかなー。

 

注意※ここからネタバレ要素あり

王道ホラーの怖さ

冒頭ですごく文句言いまくってしまったんですけど、語り継がれてる幽霊が題材だけあり、物語は”悪霊vs人間”の王道ホラーで、しっかり怖いです。

子供たちが狙われるストーリーは、無事でいてほしい!!ってふだんより思ってしまうので鑑賞に力んでしまいます…精神的にシンドイ。

 

スタッフ

監督:マイケル・チャベス
脚本:ミッキ・ドートリー、トビアス・イアコニス
製作:ゲイリー・ドーベルマン、ジェームズ・ワン、エミール・グラッドストーン

キャスト

  •  リンダ・カーデリーニ(アンナ・テイト=ガルシア)
  • ローマン・クリストウ(クリス・ガルシア)
  • ジェイニー=リン・キンチェン (サマンサ・ガルシア)
  • レイモンド・クルス(ラファエル・オルヴェラ)
  • パトリシア・ヴェラスケス(パトリシア・アルバレス)
  • マリソル・ラミレス(ラ・ヨローナ)
  • ショーン・パトリック・トーマス(クーパー刑事)
  • トニー・アメンドーラ(ペレス神父)

この作品に関するトイ&グッズ

「死霊館シリーズ」他にもレビューしています

子供と一緒に見られるグロ要素なし「死霊館 エンフィールド事件」-The Conjuring 2(2016)

Contents死霊館シリーズ第2弾!今回も実話がもとになっていますお子さんと安心して一緒に見られるグロ要素なし実話、エンフィールドのポルタ ...

続きを見る

死霊館のシスター
悪魔のシスターヴァラクが堪能できる「死霊館のシスター」-The Nun(2018)

Contents死霊館シリーズ第5作目!あらすじ予告トレーラージェームズ・ワンも製作で参加ゴシックホラーの雰囲気たっぷり、撮影地はドラキュラ ...

続きを見る

人気シリーズのスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」-Annabelle(2014)

上映日:2015年02月28日製作国:アメリカ ココがポイントシリーズ第一作目「死霊館」の冒頭から登場、大人気マスコットの恐怖の人形アナベル ...

続きを見る

アナベル 死霊人形の誕生
封印が解かれる誕生の秘密「アナベル 死霊人形の誕生」-Annabelle: Creation(2017)

上映日:2017年10月13日製作国:アメリカ ココがポイント「死霊館シリーズ」の大人気マスコット、恐怖人形アナベルちゃんがメイン活躍(?) ...

続きを見る

アナベル 死霊博物館
椅子にジッとなんてしてられない♡「アナベル 死霊博物館」-Annabelle Comes Home(2019)

上映日:2017年10月13日製作国:アメリカ ココがポイント「死霊館シリーズ」の大人気マスコット、恐怖人形アナベルちゃんがメイン活躍(?) ...

続きを見る

\この記事が良かったらぜひシェアしてね!/

この記事タイトルとURLをコピー

-オカルトホラー
-,

© 2021 Aoringoホラー映画研究所