オカルトホラー AmazonPrime U-NEXT

「牛首村」(2022)の感想とレビュー:”村”シリーズ第3弾!日本芸能界の超サラブレッドKokiが主演

2022年10月17日

上映日:2022年02月18日 / 製作国:日本

”ウシノクビ”の話を聞いた人は
みんな呪われていなくなる…

ここがポイント

『犬鳴村』、『樹海村』に続きジャパニーズホラーの巨匠、清水崇監督の”村”シリーズ第3弾は『牛首村』だ!今回もタイトルだけで忌々しい呪いが絶対にありそうな予感がビシバシ伝わってきます。さらに今回の主演はKokiちゃん。彼女と言えば、キムタクと工藤静香を両親に持つニッポン芸能界の超サラブレッド。そして、圧倒的ビジュアルに頼らない、その演技力は初主演作にして堂々たるものでした!

「牛首村」を観た感想

なんとなくアマプラにて観賞!

『犬鳴村』『樹海村』に続く村シリーズ第3弾目になる本作、その名も『牛首村』。

タイトルがいいよね。
怖そうだもん。

久しぶりにジャパニーズホラーを観賞しました。この映画の最大の良さは、映画初出演となるKokiちゃんの演技だと思います(^_^)/

圧倒的ビジュアルで颯爽と芸能界に舞い降りた奇跡のサラブレッドである彼女ですが、演技はなかなか気合はいっており、今後女優さんとしても活躍をぜひ期待したいところです。

村系のホラーは、昔の祭りや風習の犠牲者が幽霊となって…的な流れになるのは必然と言えるくらいのお決まり設定でとくに目新しいことはないんですが、今回はそこに犠牲者となってきた人々の“とある条件”がミソでしたね。まあ予想はついたけども。

エレベーター切断のシーンはなかなかよかったですが、やっぱり怖がらせる演出が貞子的なビジュアルに頼ってしまう感じが既視感ありすぎたかな、という気も。

あとは時代設定の緩さが気になった。
あやこさんの時代(おそらく昭和30年代くらい?)のセリフで「先に行っといて」って言うのかな、みたいな細かいとこやけどそう言うので割と一気に現実に引き戻されて没入できなかったりする。

「牛首村」について

制作とプロット

映画「牛首村」は、2022年2月に公開された日本のホラー映画です。監督は『呪怨』の清水崇、脚本は清水崇氏と保坂大輔氏、主演はKokiが務めており、彼女にとっては長編映画初出演にして、初主演となりました。

『犬鳴村』、『樹海村』に続く「実録!恐怖の村シリーズ」の第3弾にあたります。北陸地方最凶の心霊スポットとして実在する坪野鉱泉を舞台としており、撮影も現地で行われたということです。

「牛首村」の舞台、坪野鉱泉

坪野鉱泉(つぼのこうせん)は、日本の富山県魚津市にある鉱泉で、坪野温泉、坪の鉱泉とも呼ばれ、1956年頃から本格的な温泉地として創業した土地です。

心霊スポット、ホテル坪野

出典:Wikipedia

坪野鉱泉にある『ホテル坪野』は、1970年(昭和45年)頃に開業しました。建物は6階建てで、広さは3,300m2。廃業前は日本観光旅館、国際観光旅館に指定されていたそうで、ローマ大浴場からは新川平野を一望でき、和風レストランシアターやサパ―クラブ、プールなどの設備も充実していたといいます。しかし、1976年(昭和51年)夏に、建設費約1億円を投じて建設された『ネッシーランド』の建設費負担が大きく、さらに金融機関からの借り入れ依存度が高い状態となり、資金繰りが悪化していきました。その結果、同ホテルは1980年(昭和55年)に自己破産申請し、営業を停止。その後管理する者もおらず建物は放置となったのです。

その後、廃虚と化したホテルは暴走族や非行少年らのたまり場と化し、内部は破壊されたり落書きされるなどして一気に荒廃していきます。そのうち火災が発生したため、現在では立ち入り禁止の金属製の塀がたてられているそうです。しかし、この場所は「北陸最恐の心霊スポット」として知られており、廃虚愛好家や心霊スポットツアーの観光客が度々訪れています。

少女失踪事件

1966年、『ホテル坪野』を訪れたとされる少女二人が失踪するという事件が起こっています。その後、1年間に渡り操作・捜索が行われましたが二人は見つかりませんでした。しかし、事件から18年経った2014年に、当時の事情を知っているという人物が浮上。その結果、失踪から24年後にあたる2020年に、ホテルとは全く別の場所から2人の遺体が発見されることになりました。

2人の遺体は、富山県射水市八幡町にある港の岸壁付近の海底に沈んでいた、軽自動車の中から白骨化した状態で見つかったそうです。当時の事情を知る人物によると、彼女らに声をかけようとしたところ、急発進でバックし、そのまま転落したといいます。その際に、彼女たちは必死にドアを開けようとしていたとか…。事件性を疑う状況はみられず、事故ということでめどが立っているとのことでした。

Aoringo

『牛首村』の物語も、ホテルを訪れた少女が失踪しています。この事件にインスパイアされていることは間違いないでしょう。

「牛首村」の概要

トレーラー

あらすじ

東京に暮らす女子高生の雨宮奏音は、ある日同級生の香月蓮から「同じ顔の女性が映っている」と見せられた心霊動画に自分に瓜二つの女子高生を見つける。その少女は牛の首のマスクを強引に付けさせられ、廃虚に閉じ込められた所で動画は終了したが、その少女に妙な親近感を覚えた奏音は、何かに押されるように動画が撮影された坪野鉱泉へ向かう。そして「牛首村」と呼ばれる村では双子を忌み片割れを神に返すという風習があったことを知る。この怨念が今も残ることに凍りつき、同時に自身の周りで起きる怪奇現象に恐怖するのだった。

スタッフ

  • 監督:清水崇
  • 脚本:保坂大輔、清水崇
  • 原作:オリジナル
  • 主題歌:-
  • 製作:「牛首村」製作委員会
  • 制作会社:ブースタープロジェクト
  • 配給:東映

キャスト

  • Kōki 雨宮奏音 / 三澄詩音(主人公)
  • 萩原利久 ― 香月蓮(奏音の友人)
  • 高橋文哉 ― 倉木将太(詩音のボーイフレンド)
  • 松尾諭 ― 山崎壮志(案内するおじさん)
  • 三澄風歌 ―堀内敬子(奏音の母)
  • 田中直樹 ―雨宮直樹(奏音の父)
  • 麿赤兒 ―三澄実(おじいちゃん) ほか
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アオリンゴ

会社員|大阪在住|映画鑑賞と読書が趣味で、とくに大好きなホラー映画を掘り下げたい「にわか研究員」です。まだまだ観たことのない作品も多く更新はノンビリです。

-オカルトホラー, AmazonPrime, U-NEXT
-,