今まで観たことのないホラー映画!「マリグナント 狂暴な悪夢」ネタバレ感想・考察レビュー-Malignant(2021)

上映日:2021年/製作国:アメリカ

ココがポイント

「ソウ」「死霊館」「インシディアス」とヒット連発、ホラー映画の寵児であるジェームズ・ワン監督が、「ワイルド・スピード」「アクアマン」など多ジャンルでより実力をつけ、満を持してホラーに回帰!今まで見たことのないホラー映画を撮る、と意気込みをみせた本作はまじで傑作です。

こんにちは!aoringo(@horror_apt)です。
かなり出遅れてやっと「マリグナント」鑑賞を終えました。

私の大好きな監督ジェームズ・ワンの最新作!
やっと、やっと観ましたー♡いやめちゃくちゃ面白かった!最高傑作かもしれない。

私の大好きな「死霊館シリーズ」「インシディアスシリーズ」、そして「ソウ」の生みの親でもあるジェームズ・ワン。ホラー映画の寵児である彼がみるみる実績を積みながら、「アクアマン」など多ジャンルでもいかんなく才能を発揮し、より実力をつけ満を持してホラーに回帰してきたのが本作なのです!(2回目)同時に、今まで見たことのないホラー映画を撮る、と意気込みをみせて常に挑戦を忘れない、さすが私の見込んだ男、ジェームズ。

しかも、今回なんと遂に「R-18指定」ですよ。「ソウ」を作った男がパワーアップしてから挑むR18。それだけで期待値がマックスになりませんか?

面白いだろうとは思ってたけど、予想をはるかに裏切る作り込みはすごい。知ってしまえば、なんで冒頭からこれだけのヒントがあるのに、最後まで謎が明白になりきらないままストーリーが展開できたのだろう、と不思議でならない

 

あらすじ

ある日を境に、目の前で恐ろしい殺人を目撃するという「悪夢体験」に苛まれはじめるマディソン。予測不能な素早い動きと超人的能力で、人々を殺していく漆黒の殺人鬼。彼女が夢の中で見た殺人の数々は、現実世界でも起きてしまう――。 殺人が起きる度、マディソンはリアルな幻覚かのように殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の秘められた過去に導かれていく。そして、ついにその邪悪な手がマディソンの元へ届くとき、その“狂暴な悪夢”の正体=G が明らかに…!?

予告トレーラー

シリアス度
グロ度
アクション度
怖さ
総評

「マリグナント 狂暴な悪夢」の成り立ち

Malignant Man(マリグナントマン)

本作は、監督であるジェームズ・ワンとその妻イングリッド・ビスが共同で製作したビジュアルブック「Malignant Man(マリグナントマン)」に基づいて、アケラ・クーパーが脚本を作ったといわれています。けど、その物語はざっくりあらすじを辿ったところ、ホラー映画「マリグナント」とはかなり毛色の異なるSFヒーローもののようです。

末期癌の診断を受けたアラン・ゲイツ。自分はもう生きられないと諦めていた。しかし、癌と思われていた腫瘍は実は”謎の寄生虫”だった。その腫瘍により、強大なパワーを手に入れることになったアランは、その力を使って、社会の悪と戦うという第二の人生を送ることになる。

Aoringo
脚本を担当したアケラ・クーパーは、私の推しドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリーseason6:体験談(ロアノーク)」にも参加してたそうです!(ep.5)

日本ではワーナー・ブラザースが久々にR18+指定としました。目を覆いたくなるような残酷描写がけっこうありましたね。

おすすめしたいポイントがありすぎる。

まずはビジュアルデザイン。
シンプルで最高におしゃれでかっこよい。

洋画ホラーっておしゃれなビジュアルアートが多いからいいな。邦画ホラーは飾るには躊躇するんよね。(決して邦画嫌いなわけではないのですがごめんなさい。)

音楽がかっこいい

冒頭、映画やけどオープニングがあるパターンなんですが、その楽曲がめちゃくちゃかっこよい!作曲は、「死霊館」シリーズでも音楽を手掛けたジョセフ・ビシャラ
それから、わたしはblu-rayで見たんやけど、はじめのメニュー画面あるやん、そこで流れるBGMが、なんというかテーマパークのアトラクションに並んでるときみたいなワクワクとドキドキを想起させる感じなの。ハリーポッターとか、タワー・オブ・テラー的な、伝わったら嬉しい…。

「Where is My Mind」

円盤のメニュー画面で流れてる音楽がこちら。(他のシーンでも流れています)

オープニングテーマ「When Your Walls Fall」

オープニングのある映画、ワクワクさせてくれていいですね!(他のシーンでも流れています)

ジャンルが渋滞!

もう多くのレビューがそう語ってるように、ホラー映画という枠に収めるにはあまりにも要素が多すぎる。

オカルト要素ミステリー要素があり、モンスターも出てくればサスペンスの側面もある、さらにさらに、アクションもすごいしジャンルが渋滞!ビルから逃げるシーン、警察署でのバトルアクションなんかもう迫力満点で、スタントがすごいのよ!!

実際に、各シーンではスタントマンを使い分け、人間離れした奇妙な動きをする部分は体の柔らかい曲芸師が担当。
Gの衣装は、各スタントマンたちによってそれぞれ作り揃えられていたそうです。

家をまるまる作ってしまった美術のこだわり

マディソンが暮らす家は、まるまる家ごとセットを組んで、天井からスパイダーカメラという機械をつかって、家中を登場人物を追いながら撮影するという手法がつかわれています。素人が見てると気付かないことでも、メイキングで説明をきいてから再度見ると、いかにこだわって製作されているのかが分かって何度もおもしろいですよね(^^)/

なんとなく解るのに最後まで分からない謎

オープニングでは、ヒントとなりそうな映像が流れてる…。何やら怪しい。これはいったいなんなんだ?そして場面は病院へ…冒頭のシーンでフローレンス医師が意味ありげに放つ一言「今すぐ、切除しなければ…」は、この映画のキーとなるセリフだということが分かります。

タイトル、オープニング、そして冒頭のシーンを見れば、この映画に恐怖をもたらす原因が何であるのか?は容易に予想がつきそうでもあります。実際に、なんとなくは理解しているのです。なんとなく、それでもそれが何なのかは最後まで明らかにならない。

そこには、絶妙な映像トリックがあったと感じます。
いやはや、ほんとにすごいです。

 

注意※ここからネタバレ要素あり

マディソンと”G”

”マディソン”となって新しい家族とともに暮らしていたかつてのエミリー。
何事もなく生活していたように思えるけど、ある日夫からの暴力で頭を強く打ち付けたことにより、眠っていた”G”こと、ガブリエルが目を覚ましました。ただ、この時点でマディソンはそのことに気づいてない様子です。

この件でお腹の胎児が死んでしまったことにより、私たちは”マディソンは被害者なのだ”という印象とともに、”第三者の恐怖の存在”を意識することになります。いったい何が夫デレクを殺害したのか?マディソン自身も恐怖に陥ります。

その後も、キラーである”G”がフローレンス医師を殺害、フィールズ博士も殺害しますが、マディソンはその場所にまるで自分もいるような夢を見ます。その演出は、超能力によるものなのか、はたまた悪夢なのか、わたしたちは混乱させられます。しかし、それらの殺人は現実であり、刑事たちが動き出し、ストーリーは一気にサスペンス風味を帯びてきました。

オカルトホラーのような冒頭から、一気に謎めくミステリーサスペンスへ。ここからかすかな記憶”G”が、マディソンの意識上に浮上してきます。そして、マディソンは妹のシドニーとともに母親の元を訪ねることに。そこで、過去のビデオを見たことにより、彼女の中にある”G”が危険なものであるということが認知されました。"G"は、もうすぐ生まれてくる妹のシドニーを殺せ、とマディソンに命じていたのです。

ストーリーは、マディソンが謎の”キラー”に監禁されている様子も描きます。これは過去なのか?未来なのか?けれどマディソンは監禁されず暮らしています。これは後に監禁されているのが別の女性であることが分かるけれども、同時に身体や意識がガブリエルに取って代わられている間のマディソンを表しているようにも思われます。しかし、この時点ではまだ真実は明白になっていないので私たちは混乱します。

その後、マディソンは催眠療法士の助けを借りて、過去の記憶を辿ることになり、すべての記憶が戻ったと同時に、屋根が壊れて女性が落ちてきます。これが、さきほど監禁されいた女性だと分かります。落ちてきた女性はもちろんマディソンではなく、彼女の実の母親、セレナ・メイでした。ガブリエルは、自分の母親を屋根裏に監禁していたのです。

もちろん、そんなことは警察に理解されるはずもなく、状況証拠からして一連の殺害がマディソンの仕業であると思われて彼女は逮捕されます。その後、シドニーはさらなる真実を求め、閉鎖されたかつてのシミオン病院を訪問。廃墟を探検!そんな個人情報の書類残ってるころある?という突っ込みはさておき、マディソンがかつてエミリーだった時に、脳と脊髄を共有していたガブリエルの存在を知ることとなります。

Aoringo
幼きガブちゃんの登場シーン、CG感がなくてリアルで興奮しました!

 

ガブリエル、参上にして惨状。

逮捕され留置場にいれられたマディソン。同じく収容されてた行儀の悪いひとたちに絡まれ暴行を受けたショックにより、いよいよガブちゃんがその姿を現すことになります。この時点では、すでにガブリエルの存在と謎の正体が明白になっているから、わたしたちも興奮のひと時です。キラーであったガブちゃんが、バイオレンスなヤンキーをやっつけてくれるっ!!

研究員・幽子
…や、やりすぎ!!!!

やりすぎです。
めちゃくちゃです。

そして、そのまま逃走。ここから終盤のスーパーアクションタイムへ。

 

アクション映画にもひけをとらないシーン

ガブちゃんが警察署内で暴れまわるシーンは、アクション専門のスタントマンが担当していたそうです。
メイキング映像でもこのあたり、詳しく紹介されていました(^^)/

もともとアクションシーンにも定評のあるジェームズワン監督でしたが、「ワイルドスピード」「アクアマン」を経て、さらにグレードアップしてそれをホラー映画で再現してくれるなんて嬉しかったです。あのシーンを撮影していた複数台のカメラは、すべてコンピュータで制御されていて、出演者たちの動きも綿密に計算されており、少しでも狂うと出演者とカメラがぶつかってしまうという、すごく緊迫感のある撮影だったそうですよ。

スタッフ

監督:ジェームズ・ワン
脚本:アケラ・クーパー、イングリッド・ビス、ジェームズ・ワン
製作:ジェームズ・ワン、マイケル・クリアー
音楽:ジョセフ・ビシャラ

キャスト

  • マディソン・ミッチェル(アナベル・ウォーリス:主役)
  • マッケナ・グレイス(幼少期のマディソン)
  • シドニー・レイク(マディー・ハッソン:マディソンの妹)
  • デレク・ミッチェル(ジェイク・アベル:DV夫)
  • ケコア・ショウ刑事(ジョージ・ヤング)
  • レジーナ・モス刑事(ミコレ・ブリアナ・ホワイト)
  • フローレンス・ウィーバー医師(ジャクリーン・マッケンジー)
  • ガブリエルの声(レイ・チェイス)

最後に一言

Aoringo
予算規模やネームバリューが大きくなっても挑戦をやめないジェームズに今後もついていきますっ!

この作品に関するトイ&グッズ

\この記事が良かったらぜひシェアしてね!/

この記事タイトルとURLをコピー

-サスペンススリラー
-, ,

© 2022 Aoringoホラー映画研究所