ホラー映画/ドラマ

考察&レビュー

動画配信サービス

配信中ホラー作品

映画監督

ジェームズ・ワン作品まとめ|監督・プロデューサー

アオリンゴ

現代のホラー映画になくてはならない監督

わたし一番の推し監督、ジェームズについてまとめます(^^)/

出典:Wikipedia

2004年、低予算製作の「ソウ」を脚本家リー・ワネルとのタッグで発表するやいなや世界中で大ヒット。その後も「インシディアス」「死霊館」とホラー映画のシリーズが大ヒット連発、さっそうとホラー映画に君臨したホラーの寵児。その後、「ワイルド・スピード」「アクアマン」など多ジャンルでより実力をつけ、満を持して「マリグナント」でホラーに回帰したかと思えばごっつい変化球を投げてくるという底知れなさを見せつけました。

そして、2021年の時点で史上17番目に高収入の監督であり、彼の映画は全世界で37億ドル以上の収入を上げています。

ジェームズ・ワンの来歴

ジェームズ・ワンはオーストラリアの監督です。

1977年2月27日、中国系の子としてマレーシア・クチンで生まれ、幼少期にオーストラリアのパースへ移住しました。11歳頃から映画の道を志し、メルボルンのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)へ進学し、そこでリー・ワネルと親友になり、2人で映画製作をするようになります。

Aoringo
Aoringo

大学で運命の出会いがあったんですね~(^^)

ワネルとともに長編映画「ソウ」の企画を実現するため脚本を書き上げ、少ない予算で8分間のパイロット版DVDを制作して映画会社に売り込むことに。条件として、ワンが監督を務めワネルがアダム役を演じるということを譲らなかったため賭けに近い行動でしたが、唯一エヴォリューション・エンターテインメントグレッグ・ホフマンがこの条件を受諾したので長編映画の製作が実現しました。

低予算のため18日間という短期間で撮影された「ソウ」は、2004年1月にサンダンス映画祭で上映されると熱狂的に支持され、波及効果で同年5月にはカンヌ国際映画祭でも上映されたのがきっかけとなり世界各国から買い付けが殺到しました。

Aoringo
Aoringo

その後日本での大ヒットについては、私たちの知るところ

「ソウ」は低予算ながら斬新なストーリー展開が評判となりシリーズ化され、2作目以降ジェームズ・ワンは監督ではなく製作プロデューサーとして参加しています。

ホラー映画でヒット連発で燃え尽きるもすぐ復活

その後、監督作品としてホラー映画「デッド・サイレンス」を発表するも、しばらくは「ソウシリーズ」に製作として関わるのみでした。そして、2010年に「ソウ」でタッグを組んだリー・ワネルと共に再びホラー映画「インシディアス」を発表し大ヒット。2013年には、オーソドックスなオカルトホラー映画「死霊館」を発表。「インシディアス」を立て続けに発表し、これまた大ヒット。

しかし、同じ2013年にジェームズは「もうホラージャンルの映画とは関わらない。”死霊館”と”インシディアス 第2章”が僕の最後のホラー映画だ」と発表します。が、翌2014年10月には発言を撤回し、『死霊館 エンフィールド事件』の監督に就任することが決まりました。

ホラーだけじゃない監督の手腕をみせる

それから彼は、これまでと全く毛色の異なる本格アクション映画「ワイルド・スピードSKY MISSION」の監督に抜擢されます。ワイルドスピードは、アクション映画の人気シリーズであり、シリーズ7作目にあたる本作は、オープニング週末の全世界での興行収入は3億9760万ドルに達し、当時の歴代最高記録を更新しました。

その後、2016年に「死霊館」の続編である「死霊館 エンフィールド事件」を監督作品として」発表したあとは、製作として数々の作品に立ち会いながら、ヒーローアクション映画「アクアマン」の撮影にはいり、2018年に公開。こちらもまた大ヒットし、DC原作の映画の中で歴代最高の全世界興行収入となりました。

研究員ゾビ子
研究員ゾビ子

全部ヒットさすやん…

結婚

2018年公開「死霊館のシスター」の出演者であるイングリット・ビズと翌年に結婚しています。夫妻が共同で製作したビジュアルブック「Malignant Man(マリグナントマン)」は、「マリグナント」のヒントになりました。

尊敬する人・作品

ジェームズが尊敬している映画監督の一人は、アメリカのデヴィッド・リンチ監督です。「エレファントマン」や「ツインピークス」などが有名です。

次に、イタリアのダリオ・アルジェント監督です。数々のホラー映画を手掛けています。最も有名な作品は「サスペリア」で、ロメロ監督の「ゾンビ」にも製作として関わっています。また、ジェームズは「マリグナント」が彼の作品「シャドー(1982)」、「フェノミナ(1985)」、「トラウマ(1993)」に影響されているジャッロムービーだと公言しています。

アトミックモンスタープロダクションズ

ジェームズ・ワンは、2014年にアメリカで映画およびテレビ制作会社アトミックモンスタープロダクションズを立ち上げました。同社から発表された作品は「アナベル」「死霊館エンフィールド事件」「マリグナント」など彼の関わるホラー映画をはじめ、「アクアマン2」も予定されています。

ジェームズワン監督の映画リスト

監督作品

Q
Stygian(2000年)

ジェームズ・ワンが監督として参加した作品で脚本も担当している。日本未公開・商業販売なし

Q
ソウ-Saw(2004年)

監督、原案として参加。大学で知り合ったリー・ワネルと製作したプロット版を売り込み長編を製作、低予算のため短期間で製作されたが大ヒット。

「ソウ -SAW」(2004)考察&レビュー:伝説のデスゲームシリーズの始まり
「ソウ -SAW」(2004)考察&レビュー:伝説のデスゲームシリーズの始まり
Q
デッド・サイレンス(2007年)

3年ぶりにリー・ワネルと再度タッグで監督担当。しかしのちに2人にとって本作がネガティブな出来事であったと答えている。

Q
狼の死刑宣告(2007年)

ブライアン・ガーフィールドの小説が原作のアクション映画に監督として参加。主演はケヴィン・ベーコン。

Q
インシディアス(2010年)

ジェームズとリー・ワネルが再びホラー映画でタッグを組み、製作には「パラノーマルアクティビティ」のオーレン・ぺリも参加し大ヒットした。

「インシディアス-Insidious」(2010)考察&レビュー:ホラー映画の寵児が送る”ホラー原点回帰”
「インシディアス-Insidious」(2010)考察&レビュー:ホラー映画の寵児が送る”ホラー原点回帰”
Q
死霊館(2013年)

実在する心霊研究家ウォーレン夫妻がかかわった事件を題材にした死霊館シリーズの1作目。オーソドックスなオカルトホラーでありながら大ヒット。

人気シリーズ第一作目「死霊館」-The Conjuring(2013)考察&レビュー:超コワイのになぜか涙が…
人気シリーズ第一作目「死霊館」-The Conjuring(2013)考察&レビュー:超コワイのになぜか涙が…
Q
インシディアス 第2章(2013年)

前作の続編にあたり、ジェームズが監督、リー・ワネルが脚本と出演者(スペック役)としても参加。

人気ホラーシリーズ「インシディアス第2章」ネタバレ感想・考察レビュー-Insidious: Chapter 2(2013)
人気ホラーシリーズ「インシディアス第2章」ネタバレ感想・考察レビュー-Insidious: Chapter 2(2013)
Q
ワイルド・スピード(2015年)

アクション映画人気シリーズ7作目の監督に。オープニング週末の全世界での興行収入は3億9760万ドルに達し、当時の歴代最高記録を更新した。

Q
死霊館エンフィールド事件(2016年)

死霊館シリーズ2作目。同じくウォーレン夫妻が実際に関わったオカルト超常現象事件を題材にしている。

グロ要素なしでめっちゃ怖い「死霊館 エンフィールド事件」-The Conjuring 2(2016)
グロ要素なしでめっちゃ怖い「死霊館 エンフィールド事件」-The Conjuring 2(2016)
Q
アクアマン(2018年)

DCコミックヒーローアクション映画で本格アクション映画の監督を務めた。死霊館シリーズでエド・ウォーレンを演じるパトリック・ウィルソンがヴィラン役で登場。DC原作の映画の中で歴代最高の全世界興行収入を記録。

Q
マリグナント 狂暴な夢(2021年)

アクション映画などで実力を増したジェームズがホラーに監督として本格的に回帰した作品。多岐にわたるジャンル性を含んだミステリースリラーとして高い評価を得た。監督・脚本・原案を担当。

Q
アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム(原題)(2022年)

監督・製作・脚本で撮影が進んでいるらしい。

脚本・原案参加

Q
ソウ3-Saw III(2006年)

監督はダーレン・リン・バウズマン、脚本は前作同様リー・ワネルが担当。

「ソウ3 -SAW Ⅲ」(2006)考察&レビュー:これまでのゲームの裏側が明らかになり、ある意味で完結編
「ソウ3 -SAW Ⅲ」(2006)考察&レビュー:これまでのゲームの裏側が明らかになり、ある意味で完結編
Q
死霊館のシスター(2018年)

死霊館シリーズのスピンオフで悪魔ヴァラクの誕生を描いている。

「死霊館のシスター」-The Nun(2018)考察&レビュー:悪魔のシスターヴァラクがいっぱい登場!
「死霊館のシスター」-The Nun(2018)考察&レビュー:悪魔のシスターヴァラクがいっぱい登場!
Q
アナベル 死霊博物館(2019年)

製作、原案で参加。呪いの人形アナベルがウォーレン夫妻に引き取られた後の出来事を描いている死霊館シリーズスピンオフ、アナベルシリーズ3作目。

椅子にジッとなんてしてられない♡「アナベル 死霊博物館」-Annabelle Comes Home(2019)
椅子にジッとなんてしてられない♡「アナベル 死霊博物館」-Annabelle Comes Home(2019)
Q
死霊館 悪魔のせいなら、無罪(2021年)

死霊館シリーズ3作目。悪魔が実在することを証明しようとした実際の裁判を題材にしている。ジェームズはマリグナントの撮影で忙しく監督をバトンタッチ。

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。-The Conjuring: The Devil Made Me Do It」(2021)考察&レビュー
「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。-The Conjuring: The Devil Made Me Do It」(2021)考察&レビュー
Q
MΞGAN(2023)

ジェイソン・ブラムとのタッグで送る、人工知能を持った人形が主役のハイテクホラー

人形ホラーのニューヒロイン誕生か?ジェームズ・ワン×ジェイソン・ブラムが手掛けるハイテクホラー映画‘M3GAN’
人形ホラーのニューヒロイン誕生か?ジェームズ・ワン×ジェイソン・ブラムが手掛けるハイテクホラー映画‘M3GAN’

製作・製作総指揮

Q
ソウ2-Saw II(2005年)

監督はダーレン・リン・バウズマン、脚本は前作同様リー・ワネルが担当。

「ソウ2 -SAW Ⅱ」(2005)考察&レビュー:殺人鬼ジグソウの目的が明らかに!R18制限にパワーアップ
「ソウ2 -SAW Ⅱ」(2005)考察&レビュー:殺人鬼ジグソウの目的が明らかに!R18制限にパワーアップ
Q
アナベル 死霊館の人形(2014年)

死霊館シリーズのスピンオフ作品としてアナベル人形にフォーカスをあてたシリーズの1作目。

死霊館シリーズのスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」-Annabelle(2014)
死霊館シリーズのスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」-Annabelle(2014)
Q
ダークハウス-Demonic-(2015年)

日本劇場未公開、米英合作のオカルトホラー映画で2017年にVODで発表された。

Q
インシディアス 序章(2015年)

シリーズの時系列的には最も古い、1作目の8年前を描く「序章」となっている。製作として参加。

人気シリーズの原点を描いた「インシディアス序章」ネタバレ感想・考察レビュー-Insidious: Chapter 3(2015)
人気シリーズの原点を描いた「インシディアス序章」ネタバレ感想・考察レビュー-Insidious: Chapter 3(2015)
Q
ライト/オフ(2016年)

スウェーデンの映像作家が発表した短編映画を基に長編映画化。

Q
アナベル 死霊人形の誕生(2017年)

前作『アナベル 死霊館の人形』につながる前日譚にあたる12年前を描いている。

封印が解かれる誕生の秘密「アナベル 死霊人形の誕生」-Annabelle: Creation(2017)
封印が解かれる誕生の秘密「アナベル 死霊人形の誕生」-Annabelle: Creation(2017)
Q
インシディアス 最後の鍵(2018年)

主人公の霊能力者エリーズの過去を紐解く物語。

Q
ラ・ヨローナ〜泣く女〜(2019年)

死霊館シリーズ関連作品とされているが『アナベル 死霊館の人形』に登場したペレス神父が登場しているくらいでストーリー的にとくに繋がりはない。

中南米の古い怨霊を人気シリーズが手掛けた「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」-The Curse of La Llorona(2019)
中南米の古い怨霊を人気シリーズが手掛けた「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」-The Curse of La Llorona(2019)
Q
モータルコンバット(2021年)

同名ゲーム作品の映画化。日本から真田広之、浅野忠信らも出演。

Q
サムワン・インサイド(2021年)

ヘンリーゲイデン原作小説スリラーホラーの映像化。Netflixにて公開された。

Q
セイラムズ・ロット(原題)(2022年)

スティーヴン・キング原作のホラー小説『呪われた町』の4度目の映像化。

Q
The Last Train to New York(原題)(2023年)

韓国ゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」ハリウッドリメイク版。製作スケジュールや公開日などは未定。

Q
死霊館のシスター2(2023年)

ボニー・アーロンズが引き続き悪魔のシスターを、タイッサ・ファーミガも引き続き出演が決まって製作が進んでいる。米国では2023年8月に公開予定。

Q
Insidious: Fear the Dark(原題)(2023年)

パトリック・ウィルソンが出演とともに初監督を務める。2023年7月に米国で公開予定。

Executive producer(制作にはほぼ不参加)

Q
ソウ4-Saw IV(2006年)

ソウシリーズは本作からフランチャイズ作品として、生みの親(ワン&ワネル)の手を離れ、一人歩きをはじめる。

「ソウ4 -Saw IV」(2007)考察&レビュー:ジグソウなき後ゲームを後継するのは…?
「ソウ4 -Saw IV」(2007)考察&レビュー:ジグソウなき後ゲームを後継するのは…?
Q
ソウ5-Saw V(2008年)

「ソウ」生みの親であるジェームズ・ワンとリー・ワネルは、エグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ねています。

「ソウ5 -Saw V」(2008)考察&レビュー:ジグソウゲームを継承する真犯人は誰なのか?
「ソウ5 -Saw V」(2008)考察&レビュー:ジグソウゲームを継承する真犯人は誰なのか?
Q
ソウ6-Saw VI(2009年)

これまでソウシリーズ全作品の編集を担当してきたケヴィン・グルタートが監督参加。

「ソウ6 -Saw VI」(2009)考察&レビュー:ジグソウの新たな過去、そして真の後継者とは?
「ソウ6 -Saw VI」(2009)考察&レビュー:ジグソウの新たな過去、そして真の後継者とは?
Q
ソウ ザ・ファイナル(2010年)

シリーズ完結編として公開されたので邦題に”ファイナル”と名付けられたがこの10年後に再び続編が発表された。

「ソウ ザ・ファイナル 3D -Saw 3D」(2010)考察&レビュー
「ソウ ザ・ファイナル 3D -Saw 3D」(2010)考察&レビュー
Q
ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年)

ファイナルから10年の時を経てソウシリーズ続編が発表。

Q
スパイラル:ソウ オールリセット(2021年)

監督は、ソウシリーズ2~4でもメガホンをとったダーレン・リン・バウズマン。

被害者はみんな警察官!「スパイラル:ソウ オールリセット -Spiral: From the Book of Saw-(2021)」の感想とレビュー
被害者はみんな警察官!「スパイラル:ソウ オールリセット -Spiral: From the Book of Saw-(2021)」の感想とレビュー
Q
Saw X(2023年)

ソウシリーズ続編。引き続きトビン・ベルがジグソウ役として出演し2023年10月に公開予定。

その他のプロジェクト

正式発表前の情報。

Q
Thread

SFホラー映画で詳細はまだ不明ですが「バック・トゥ・ザ・フューチャーとエイリアンの出会い」のようなストーリーとのこと。どんなん!

Q
死霊館4

現状、内容については伏せられていますが、これまでと同じくウォーレン夫妻の実際の事件を元にしたストーリーであるのは間違いないそうです。

〈10/22更新〉『死霊館4』死霊館ユニバース最新情報
〈10/22更新〉『死霊館4』死霊館ユニバース最新情報
Q
Border Patrol(原題)

詳細不明

ジェームズ・ワン参考リンク

\あわせて読んでほしい!/

ジェームズ・ワンに関する投稿記事

マリグナント 狂暴な夢
マリグナント 狂暴な夢(2021)
ソウ-Saw(2004)
インシディアス
「インシディアス-Insidious」(2010)
死霊館
死霊館(2013)
ABOUT ME
Aoringo
Aoringo
にわかホラー研究員
関西在住の会社員で主婦。いろんな映画を観るよりは好きな作品やシリーズを掘り下げるのが好き。ファンタジー寄りのグロめホラー&犯罪サスペンス系がとくに好き。もっぱら在宅シネマ―で動画配信サービス&BS/CS録画で楽しんでます。
記事URLをコピーしました