ホラー映画/ドラマ

考察&レビュー

動画配信サービス

配信中ホラー作品

登場人物全解説!アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4「怪奇劇場-Freak Show-」Part.2

アオリンゴ
Aoringo
Aoringo

こんにちは!にわかホラー研究員aoringoです。

この記事ではアメリカの大人気ドラマシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー:シーズン4-怪奇劇場」にたくさん登場するキャラクターの全解説をしています。

「シーズン4-怪奇劇場」について

アメリカン・ホラー・ストーリー怪奇劇場-Freak Show-

1952年のフロリダ州ジュピターを舞台に、アメリカに残る最後の見世物小屋のひとつと、彼らの生き残りをかけた戦いの物語が描かれます。

2つの頭を持つ双子、ロブスターボーイ、アザラシ男、世界一大きい女性と小さい女性など、個性豊かな仲間たちが登場。そしてアメホラで人気キャラクター、ピエロのトィスティも初登場します(^^)/

ストーリーの考察&レビューは下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4:怪奇劇場-Freak Show-(2014)キャスト&考察レビュー
アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4:怪奇劇場-Freak Show-(2014)キャスト&考察レビュー

登場キャラクターが多いので2記事に分かれています。
こちらはパート2(主にサブ&マイナーキャラ)を紹介しています。
メインの登場人物はこちらの記事をご覧ください。

サブキャラクター2

演:ジョティー・アムゲ -Jyoti Amge-

マ・ペティート

出典:AHS Wiki

エルサの右腕であり助手を務めるインドの小柄な女性です。彼女は若い頃、インドの裕福なマハラジャのペットとして、鎖でつながれていました。主人がアメリカを旅行している間、エルザはこの小さな獲物に目をつけ、ドクターペッパー3ケースと交換し、最初に手に入れた仲間となりました。

Q
全部読む(クリック)

ステージでは、世界一小さな女性として鳥かごの中でお披露目され、ミュージカルナンバーでは小さなバイオリンを奏でます。エルサに抱っこされたり、ネイリストになったり、抱き枕になったりもします。人懐っこい性格で、仲間たちの暗躍を知る由もない純粋な女性です。デル・トレドに殺害され、その遺体はアメリカ疾病博物館に展示されました。最後に死後の世界で、エルザに会いたかったと嬉しそうに挨拶しているところが確認されています。

この俳優について

演じたジョティー・アムゲは、インドのナーグプル出身の女性で、現在存命中の、最も背が低い女性としてギネス世界記録に認定されています。彼女は身長が伸びなくなる病気軟骨無形成症を患っており、その結果身長は58センチ、体重は5.25キロ(2008年時点)です。

彼女は、子供や人形のように扱われるのが嫌だと語っていますが、それはまさにこの作品でいつも仲間のキャストに抱かれている彼女の扱われ方と同じです。実際、この作品に出たことについてどう思っていたのかは不明です。彼女はインドでは女神の姿が現れたものだと考えられているそうです(^^)/

演:エリカ・アービン -Erika Ervin-

アマゾン・イヴ

出典:AHS Wiki

イブは異常に背の高い女性で、ショーのミュージカルナンバーでピアノを演奏しています。ジミーが外部の心無い人間から仲間を守るのに一役買っています。彼女は、小さなマ・プティットと親密な友情を持っています。とても強く、デルに襲われたときも抵抗し服従させ、ダンディの顔面に素早くパンチして地面に叩きつけたりもしました。しかし、ダンディが暴れた際に銃で撃たれてしまいます。何とか生き延びることができましたが、その後死後の世界でエルザに演奏の準備ができたと伝えている姿が目撃されています。

この俳優について

演じたエリカ・アーヴィンは、1979年に米国カリフォルニアで生まれ、世界一背が高いモデルとして有名な女性。その身長は2mを超えています。役名の”アマゾン・イブ”は実際に彼女が呼ばれている異名でもあります。2011年には「世界一背が高いプロモデル」としてギネスレコードに登録されました。約2m2cmといいますと、アントニオ猪木さんより大きく、元横綱の曙太郎さんや元NBA選手のデニス・ロッドマンさんと同じくらいだから、本当にすごく大きいです(^^)/

演:マット・フレイザー -Mat Fraser-

ポール

出典:AHS Wiki

先天性奇形「肢体不自由」で両腕がヒレ状になって生まれた男性で「アザラシ男」という異名があります。エルザ一座の団員です。ショーではドラマーとして参加しています。ポールはエルザの恋人として振る舞っていましたが、ペニーとも関係を持っていました。エルザが不審に思い問い詰めた際に、ドットとベットを売り飛ばしたことを非難し、エルザのやりかたにも不満があることを告げました。怒ったエルザにナイフショーの標的にされ(実際は責任を感じ自ら手を挙げたのですが)、脇腹にナイフが刺さってしまいました。

Q
全部読む(クリック)

イギリスでは、その奇形のために敬遠されながら育ちました。ハリウッド映画の華やかさに影響され、アメリカに移住するも、さらなる差別を受けます。怒りのあまり、全身にTATTOを入れ、自ら怪物になることを決意しますが、虚栄心がありハンサムな顔には手をつけませんでした。

ダンディがフリークショーのオーナーになった後は、フリークたちを酷使する彼に立ち向かい、一座を辞めました。その後大暴れしたダンディに他のフリークたち同様殺されてしまいました。死後の世界で、彼はペニーと結婚したことが確認できます。

この俳優について

演じたマット・フレイザーは、母親が妊娠中にサリドマイドを処方されたのが原因で両腕の骨端症で生まれました。現在はパフォーマーとして活躍しています。

サブキャラクター2

演:グレイス・ガマー -Grace Gummer

ペニー

出典:AHS Wiki

ペニーは、後に驚愕のトカゲ女として知られるようになりますが、元はキャンディ・ストリッパーとして働いていました。

Q
全部読む(クリック)

病院の規則に反して真っ赤な口紅をつけ、「変人を産んだら浴槽に沈める」と言い切る無神経な女性です。エルザの誘いで、アヘンと共にフリークたちとセックスを一晩楽しみましたが、酔いから覚めて薬物を強要され犯されたと主張しましたが、エルザから乱交パーティーのフィルムを見せられた彼女は、自分でも嫌になるが確かに楽しかったと認めました。

ポールとは秘密の関係があり、彼がエルザに刺された時は家を出て懸命に世話をしました。その後、荷造りのために家に戻った彼女を、厳格な父親は二度と外出できないようにと顔面に爬虫類のようなTATTOを彫らせ、舌を二股に切られてしまい、ペニーはフリークとしてポールのもとに帰っていきました。

エセルの死後、ペニーと一座の女性たちは結託してペニーの父親に復讐をします。高温のタールを体にかけた後包丁で殺そうとしましたがマギーに止められました。最後はポールと共にダンディに殺されました。死後の世界でエルザに、ポールと結婚したことを嬉しそうに報告しています。

演:スカイラー・サミュエルズ -Skyler Samuels-

ボニー・リプトン

出典:AHS Wiki

ピエロのトゥイスティに誘拐された少女。オキチョービー湖でボーイフレンドを殺された後、トゥイスティのバスの人質となりました。機知に富み、勇敢で、母性的な女性です。

演:セリア・ウェストン -Celia Weston-

リリアン・ヘミングス

彼女は『アメリカ疾病博物館』の学芸員です。博物館のために奇妙な芸術品を収集しています。スタンリーとマギーの詐欺を見破りますが、もしフリークスのサーカスから本当に価値のあるものを提供できるなら大金を払うと約束しました。マギーが失神した直後にデジレに殺されたことが明らかになり、フリークたちに襲われ切断される前に、彼女の首がスタンレーに渡された。

演:クリストファー・ネイマン -Christopher Neiman-

ソルティ

出典:AHS Wiki

“妻 “ペッパーと同じく小頭症で生まれました。シンシナティの少年院からエルザ・マースに保護され、すぐに同じ「ピンヘッド」のペッパーと絆を深めました。

Q
全部読む(クリック)

エルザの計らいで、二人は非公式ですが結婚式をあげました。2人は簡単なダンスなどでショーに出演しています。

”新人”を探しにフリークショーに現れたエドワード・モードレイクの目に留まり、ソルティとペッパーは純粋だと判断されました。

1953年初め、ソルティは寝ている間に脳溢血で死んでしまいます。エルザが言うには、彼のようなタイプの人間には珍しいことではないとのことです。エルザに葬儀の準備をさせるよう指示したスタンレーは、彼の首を切り落とし、アメリカの疾病博物館に展示させました。

演:ローズ・シギンズ -Rose Siggins-

脚なしスージー

出典:AHS Wiki

スージーは脚のない女性で、移動は腕と車輪付きの板を頼りにしています。

Q
全部読む(クリック)

2歳の時に脊髄の病気にかかり、医師から脚を切除されましたが、そんな彼女を両親は見放し、孤児院に捨てられました。その後ホームレスになった彼女は、タップダンスを踊ることホームレスに嫉妬し、彼の足を刺してしまいますが誤って動脈を刺してしまったことで相手は死んでしまいました。

しかしこの男に触発されたスージーは、フリークショーの一員になる決意をしたのです。彼女は普段、フリーク達のために飲み物を注いだり、洗濯や料理をしています。ダンディによって殺され、死後の世界で姿が目撃されています。

この俳優について

演じたローズ・シギンズは、仙骨欠損症で生まれ、両親は彼女の足を切断することを決めました。この病気を持つ人の中で唯一、障害のない赤ちゃんを出産した女性とされています。二人の子供を授かりましたが、腎臓手術にともなう感染症により2015年12月12日にコロラド州デンバーで亡くなりました。

演:ベン・ウルフ -Ben Woolf-

ミープ

出典:AHS Wiki

彼は小柄でニワトリの着ぐるみを着ており、言葉は「ミープ!」としか発せられません。

小動物の首を食いちぎってしまうので、ショーでもそれを見世物にしています。刑事殺害の犯人だとはめられて逮捕され、たった一晩で留置場から遺体となって帰ってくるのでした。死後の世界で走り回っている姿が目撃されています。

この俳優について

1980年にコロラド州フォートコリンズで生まれたウルフは、下垂体性小人症と診断されており、成人してからも身長は1.32cmと小柄でした。2002年、俳優になる夢を追いかけるため、ハリウッドに移住し、いくつかの作品に出演。おそらくアメリカン・ホラー・ストーリーのシーズン1でのインファタータ役、本シリーズでのミープ役がもっとも有名。しかし、2015年ロサンゼルスにて、交通事故の頭部損傷による脳卒中で35歳という短い人生を終えてしまいました。

演:ウェス・ベントリー -Wes Bentley-

エドワード・モードレイク

出典:AHS Wiki

エセルが語る話によると、ハロウィンの夜にフリークショーを開催してはならないそうで、理由はエドワード・モンドレイクのゴーストが召喚され危険なことが起こるだからそうです。実際に、彼はハロウィンの夜にエルザ一座のそれぞれの前に、”連れて”いく新しい魂を探しにゴーストとして現れました。

モードレイクは、様々な超能力を持つ強力な霊体で、ブッチャー(シーズン6『体験談』)と並んで、アメリカン・ホラー・ストーリーの世界で最も強力なゴーストの一人であると考えられています。

Q
全部読む(クリック)

19世紀の英国貴族で、生まれつき後頭部にもう一つの顔を持つ男性。モードレイク自身はハンサムで落ち着きがありますが、後頭部の”彼”は奇形で醜悪で狂気に満ちており、モードレイクにしか聞こえない堕落した観念を囁き彼を悩ましていました。モードレイクは多くの才能を持っていましたが、頭の顔が彼を狂わせ、ベドラム精神病院に収容されることになりました。

やがて彼は、世間の憎しみから解放された生活を送ることができる唯一の場所としてフリークショー一座に参加しました。しかし、あるハロウィーンの夜、彼は顔に突き動かされ、フリークの仲間を皆殺しにするのでした。

モードレイクの力について

エドワード・モードレイクの能力
  • トランスミューテーション(変身)…ある場所から別の場所へ、その空間を占有することなく瞬間的に移動する魔法の能力。
  • クレヤボヤンス(透視)…他人の心を読み、その考えを投影する魔法のような能力。
  • ディビネーション(占術)…身体を使わずに物体、人物、物理的自称に関する知識を得る魔法の能力。
  • ライ・ディテクション(嘘発見)…誰かが嘘をついているかどうかを発見する能力
  • インテンジビリティ/インビジビリティ…ゴーストとして、自分の意志で有可視・不可視になる能力
  • スピリットコマンダント…彼の手によって命を奪ったゴーストをコントロールし命令する能力
  • ソウル・コレクティング…ハロウィンに彼を召喚したフリークの魂を収集する能力

マイナーキャラクター

演:マット・ボマー -Matt Bomer-

アンディ

ゲイバーで働くハスラー。彼の客の一人はデルでした。ダンディから金をもらい、トィスティの廃バスにやってきた彼はダンディに行きながらにしてバラバラにされました。その後、ダンディはアンディの切断された手足を酸で溶かしているところを目撃されています。

演:メジャー・ドッドソン -Major Dodson-

コリー・バックマン

トゥイスティに両親を殺され誘拐された少年。ボニーのおかげで逃げ出すことに成功しましたが再び捕まってしまい、その後ジミーとマギーによって脱出できました。

演:ドリュー・リン・ヴァリック -Drew Rin Varick-

トゥールーズ

エルザ一味のパフォーマー。前科者で、エルザが警備員に賄賂を渡して釈放されました。それ以来、一座に雇われている何人かの「小人」の一人として仕えています。他の仲間たちと同様、コック、舞台係、パフォーマーなど、さまざまな役をこなします。最後はダンディの大虐殺により死亡しました。

演:クリッシー・メッツ -Chrissy Metz-

バーバラ・ウィグルス

『アイマ・ウイグルス・ザ・ファットレディ』とも呼ばれ、極端に太った女性です。ジミーは、母親が死にマギーと別れた後自暴自棄になり、アイマにやすらぎを見出し、やがて彼女と関係を持つようになりました。ダンディの大虐殺の際に撃たれて死亡しました。

演:リー・ターゲセン -Lee Tergesen-

ヴィンス

ペニーの不服な父親で、評判の高い電気技師として働いています。娘がフリークの男と付き合っていると知った彼は、娘に顔面にTATTOだらけにし爬虫類のような顔にして、舌先を二股に改造しました。その後、フリーク一座の女性たちによって高温のターツと羽毛で復讐されました。娘のペニーに殺されそうになりますが、マギーがそれを止めました。

演:ジェリー・リッジョ -Jerry Leggio-

ボナム医師

エセルの主治医で、肝硬変と診断しました。エセルは「こんなにちゃんと診てくれる医者はいなかった」と涙を流して彼に感謝し、その後流血したデジレを連れていき、彼女のペニスと思われるものは肥大化した陰核であり、手術で切除が可能であることを伝えました。その後、激怒したビルに両手の指を折られ自殺したことを彼の家族(妻と娘)の訴えにより知ることになりました。

演:メア・ウィニンガム -Mare Winningham

リタ・ゲイハート

ペッパーの姉で、結婚して子供を産みたいと考えていたためペッパーを孤児院に送っていました。エルザがペッパーを自分の家に連れてきたため、やむなく引き取りました。その後、突然息子ルーカスを授かりますが、リタは全く世話をせずペッパーも子供も邪魔になり、夫に子供を殺させペッパーに罪をかぶせてブライヤークリフに送りにしました。

演:ニール・パトリック・ハリス -Neil Patrick Harris-

チェスター・クレブ

たまたま巡回セールスをしているステージマジシャンで、腹話術人形のマージョリーに取り憑かれています。チェスターは第二次世界大戦の兵士で、頭に金属板を入れられて帰還したため、マージョリーが生きていて、サディスティックで、自分の人生を破滅させようとしているような幻覚が見えるようになったことが明らかにされました。

フリークショーのキャンプに到着すると、彼はベットとドットに夢中になります。エルザがハリウッドへ旅立つと告げると、彼はエルザからショーを買い取ろうとします。ショーのオーナーとしての初舞台の準備中、演技の練習中にうっかりマギーを半分に切断して殺害してしまいました。その後逮捕されます。

声・演:ジェイミー・ブルーワー -Jamie Brewer-

マージョリー

チェスターの腹話術人形で、しばしば人間の姿として彼には見えています。チェスターはマージョリーが生きていると思っているため、彼女がマギーと妻を殺したと言います。

演:不明

マイク

トゥイスティに誘拐された若い男の子です。

演:マリアナ・ヴィチェンテ -Mariana Vicente-

ウェイトレスのキャロル

地元のダイナーのウェイトレスで、第1話ではジミーといちゃつく姿が目撃されています。しかし、数日後にジミーがフリーク一座の仲間と共にやってくると彼への好意は失せるのでした。

演:ショーナ・ラポルト -Shauna Rappold-

ルーシー・クレブ

チェスターの妻で、夫が戦争で留守の間はアリス(演:アンジェラ・サラフィアン)という女性と関係がありました。アリスとルーシーはチェスターによって殺されますが、チェスターによると腹話術人形のマージョリーがやったと思いこんでいます。

演:ダニー・ヒューストン -Danny Huston-

マッシモ・ドルチェフィーノ

エルザの木製の脚を作った後、彼女の切断に関わった男たちを一人一人追っていきました。しかし、ドルチェフィーノはエルザの脚を切断した一人である、ナチスのハンス・グリューパーに捕まり、大戦中の拷問で去勢されることになりました。ドルチェフィーノはジミーのために新しい手を作った張本人でもあり、後にシリーズのエピローグで肺がんのため死亡します。

演:マルコム=ジャマル・ワーナー -Malcolm-Jamal Warner-

アンガス・T・ジェファーソン

デジレの知人。シーズンフィナーレでは、デジレとの間に結婚し、子供がいたことが明らかになりました。

演:P・J・マーシャル -P.J. Marshall-

ジャック・コルケット

ダンディが自分の殺人を隠蔽するために100万ドルを提供し、レジーナ・ロスを殺害した刑事。ダンディの主婦殺しの濡れ衣をジミーに着せもしました。

再登場キャラクター

演:ナオミ・グロスマン-Naomi Grossman-

ペッパー from.『精神科病棟』

ペッパーは小頭症の女性で、生まれたときから家族に捨てられ、孤児院で不当な扱いを受けて育ちました。18歳のときエルザ・マーズに助けられ、エルザ一座の最初のメンバーとなります。小人のマ・プティットとは母性的な関係を築き、”ピンヘッド “のソルティとは無邪気な恋愛をし、模擬結婚をすることになるなど、一座の成長に伴って成長していきます。シーズン2では嬰児殺しの過去を持つと説明されましたが、本シーズンでそれが姉夫妻による濡れ衣であることが明らかとなりました。

演:リリー・レーブ-Lily Rabe-

シスター・メアリー・ユニス from.『精神科病棟』

濡れ衣を着せられたペッパーが収容されたブライヤークリフで彼女を面談しました。ペッパーが心から悲しんでいる様子を見て、神が導きを与えたといってペッパーを抱きしめます。

演:ジェームズ・クロムウェル-James Cromwell-

アーデン医師 from.『精神科病棟』

エルザのスナッフビデオを撮影し足を切断させた首謀者として登場します。マッシモによって殺されそうになりますが逆に彼を捕らえて繰り返し拷問をしました。

まとめ

以上、アメホラシーズン4「怪奇劇場」の登場キャラクターパート2でした!

今回はこれまでのシーズンと比べても個性がぶっ飛んだメンツとなりました。私の本シーズンのお気に入りキャラは、エルザトゥイスティ、次点でエドワード・モンドレイクです(^^)/

エルザの生き方には、人間らしい執着と向上心もあり、同時に博愛的な母性があって、一座を率いるという苦労を運営する懐の深さや強さ、最終的に本当にスターになった逞しさがあって魅力的でした。

トゥイスティは、本当に怖いピエロなのでそのビジュアルだけでもうお気に入りです(^^)/モンドレイクは、アメホラの中でも1,2を争う強い能力をもったゴースト。また今後も出てきてほしいキャラクターです。

アメホラ常連のイメージが強いフィン・ウィットロックは、今回が初登場となりました。内股のマザコン、ブリーフ姿の狂気のイケメン…衝撃デビューですよね(^^)/今後も様々な役柄を演じることになるフィンですが、ダンディを超えるキャラクターはいないかも…笑

その他の登場人物はこちら

メインキャラクターはパ-ト1の記事にて全解説しています!

登場人物全解説!アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4「怪奇劇場-Freak Show-」Part.1
登場人物全解説!アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4「怪奇劇場-Freak Show-」Part.1

作品の考察&レビューを読む

「怪奇劇場」の製作にまつわる小ネタ&トリビア、考察&レビューはこちらでまとめています。

あわせて読みたい
アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4:怪奇劇場-Freak Show-(2014)キャスト&考察レビュー
アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン4:怪奇劇場-Freak Show-(2014)キャスト&考察レビュー
ABOUT ME
Aoringo
Aoringo
にわかホラー研究員
関西在住の会社員で主婦。いろんな映画を観るよりは好きな作品やシリーズを掘り下げるのが好き。ファンタジー寄りのグロめホラー&犯罪サスペンス系がとくに好き。もっぱら在宅シネマ―で動画配信サービス&BS/CS録画で楽しんでます。
記事URLをコピーしました